ドライマウスの対処方法

あなたのドライマウスチェックシート

  • 口がかわく(唾液が出ない)
  • 口がかわいて話しにくい
  • 食事のときに飲み物が必要
  • 就寝中、水を飲むために起きる
  • 舌がひび割れやすく、口角炎が起きやすい
  • 虫歯や歯周病になりやすい

口が渇く(唾液がでない)

ドライマウスかもしれませんが、心因性や薬の副作用を疑います。唾液分泌検査を行って、実際に唾液の分泌機能が低下しているかどうかをチェックする必要があります。

口が渇いて話しにくい

緊張などが原因で、渇いていて話しにくくなることもあります。常時口が渇いていて話しにくい場合は、脳血管障害や薬の副作用、心因性という場合も考えられます。舌やくちびる、顎などに麻痺がないかも確認する必要があります。内服している薬や、現在受けている治療についてもよく確認するほうが安心です。

食事の時に飲み物が必要

食事中に飲み物が必要になるのは、ドライマウスだからなのか、しっかり咀嚼ができていないからなのか、またはどこかに麻痺があるからなか、まずは原因の究明が先決です。歯科医院では試験食を食べて、食べ方を評価する場合もあります。

就寝中、水を飲むために起きる

実際にドライマウスで目を覚ます人は少なく、たいていは尿意で目が覚めたときにドライマウスを感じる人が多いようです。夜間のドライマウスは、睡眠中の鼻閉にともなう口呼吸や入眠前の睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬、抗アレルギー薬、抗コリン薬、胃薬による副作用などが原因している場合が多く、それらに対する対応が必要です。

舌がひび割れやすく、口角炎を起こしやすい

単に乾燥が原因で舌炎や口角炎が起きる場合だけではありません。ドライマウスにより唾液が酸性になり、カンジダ症が進み、ひび割れや口角炎が現れることもあります。

虫歯や歯周病になりやすい

唾液が減ることによってお口の中の自浄性が低下し、お口の中が酸性化して虫歯が進行してしまう可能性があります。ブラッシングやフロッシングなどの通常ケアはもとより、ガムやマッサージで唾液分泌を促進して自浄性を高めるか、保湿剤などを用いて唾液の中和をうながすことも必要になります。

口腔乾燥症、ドライマウスのお悩みや、シェーグレン症候群などについてご相談になりたいこと、米国歯科大学院卒のDr.天野が、お受けいたします。お気軽に メールください。